RISCAD Update – 2017年10月第5週&11月第1週【週刊化学災害ニュース】

2017/10/27 16:00 - 11/2 16:00時点までのニュースファイルをお送りいたします。

投稿日:2017年11月08日 10時00分

*2017/10/12発生の、埼玉・自転車工場で見学中に高温のアルミニウム合金が飛散
:(10月前半の事故)本来なら機械が作動すると自動で下りるはずの高温のアルミニウム合金の飛散を防ぐカバーが下りなかった
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9084

*2017/10/25発生の、静岡・病院の職員用ロッカー内でモバイルバッテリが発火
:携帯電話充電用のモバイルバッテリが何かの原因で破損して発火した可能性
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9085

*2017/10/30発生の、長崎・産業廃棄物処理施設の資材倉庫で火災
:倉庫内には廃油の缶や大量の塗料が保管されていた
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9086

*2017/11/01発生の、インド・火力発電所でボイラが破裂
:ボイラの配管に灰が詰まり、ボイラの内圧が上昇して破裂か
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9087

 先週は台風後の強風に見舞われた地域もあり、また、10/30には「木枯らし1号」が吹きました。

 「木枯らし1号」、この季節に耳にするこの風の定義は「晩秋から初冬にかけて吹く、初めての北寄りの(やや)強い風」ということなのですが、気象庁がこの木枯らし1号が吹いたことを発表するのは東京地方と近畿地方だけなのだそうです。そしてまた、風の基準自体も東京と近畿で少し違うとか。ご興味ががあれば、「木枯らし1号」について調べてみてください。ちなみに、今年の木枯らし1号は東京地方と近畿地方で同日(10/30)に発表されたそうです。

 冬の到来を感じさせる木枯らし1号が吹き、冬に向けて徐々に気温が低下して空気も一段と乾燥してきています。10月末には兵庫と福井で大きな火災が発生しました。みなさま、火の取り扱いにはくれぐれもお気をつけください。

さんぽニュース編集員 伊藤貴子