RISCAD Update 2018年6月第3週【週刊化学災害ニュース】

2018/06/15 12:00 - 2018/06/22 12:00時点までのニュースファイルをお送りいたします。

投稿日:2018年07月04日 10時00分

*2018/06/13発生の、佐賀・温泉宿泊施設の燃料タンク給油中に重油が流出
:開業前の温泉宿泊施設の燃料タンクへの給油中に重油が流出。従業員同士の情報共有不足によりタンクは満タンであったが燃料業者によって給油された
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9261

*2018/06/15発生の、愛知・塗料工場で塗料原料の火災
:工場では揮発性の高い塗料原料を扱っていた。可燃性の蒸気に静電気で着火した可能性
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9263

*2018/06/19発生の、長野・小学校の給食調理室で揚げ物用油の火災
:調理員が回転釜に食用油を入れ、火にかけたまま忘れて別室で打ち合わせをしていた
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9262

*2018/06/19発生の、韓国・海軍の護衛艦で訓練用実弾準備中に爆発
:訓練のための実弾準備中に30mm弾薬が爆発。兵士1名死亡
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9264

*2018/06/21発生の、大阪・樹脂原料工場で定期改修中のボイラの火災
:定期修理中のボイラのダクトに着火した可能性
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9265

*2018/06/21発生の、北海道・弁当工場で不完全燃焼による一酸化炭素中毒
:炊飯をする調理室で炊飯器使用中に不完全燃焼が起きて一酸化炭素が発生した可能性
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9266

今年は異様に梅雨明けが早く(関東甲信地方についての気象庁による発表)、すでに真夏の暑さが続いています。

個人的には梅雨明けが早かったことにより水不足が起きた場合の農作物への影響と、やはり長くなりそうな暑い時期による夏バテが心配です。

家のなかでも熱中症は起きると言いますし、熱帯夜で寝苦しかったりすると睡眠不足になり夏バテもしやすくなるので、我が家はすでに連日クーラーのお世話になっています。

例年この時期によく見かける注意喚起が今年もNITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)から出されました。

扇風機やエアコンからの火災への注意喚起なのですが、これが意外と多く起きています。2012年度-2016年度の5年間で、関連事故は合計566件。そのうち376件が火災事故なのだそうです。

原因としては、電気部品の劣化、電源コードを延長するため接続によるトラブル、トラッキング現象などが上げられていました。

扇風機などは複雑なコンピュータ制御などがされていないものも多いためか、古くなっていても毎年この時期に電源を入れてみるとすんなりと風を送ってくれますが、実はもう使用開始から十数年経過している、などということもありますね。

また、エアコンがらみの火災では、エアコン内部の洗浄を専用の洗浄スプレーで行ったところ、ナトリウム、カリウムなどの電解質成分を含む洗浄液がエアコン内部の電子部品などに付着して基板などが徐々に侵食され、トラッキング現象が起きて発火したというケースもありました。

みなさんも冷房器具を使用する際には、NITEの情報なども参考ににもう一度その安全性を確かめてみてください。

【参考情報】

NITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)のサイトより
 2018年6月28日発表「扇風機やエアコンの思わぬ火災を防ぐには?~古い扇風機や、エアコンの電源コードに注意~」

 

さんぽニュース編集員 伊藤貴子