RISCAD Update 2018年8月【週刊化学災害ニュース】

2018/08/01 - 2018/08/31時点までのニュースファイルをお送りいたします。

投稿日:2018年09月05日 15時00分

*2018/08/01発生の、広島・自衛隊で射撃訓練中に薬莢が暴発
:機関銃の引き金を引いたが玉が発射されず、点検のために同機関銃上部のカバーを開けた際に薬莢の異常爆発が起きた可能性
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9282

*2018/08/01発生の、米国・米国で花火などを保管した倉庫の爆発、火災
:鉄骨造の倉庫内に保管されていた、煙火、原油、メタノールなどに何かの原因で着火
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9283

*2018/08/03発生の、富山・化学繊維工場の反応タンクで火災
:工場の反応タンク内の化学物質に何かの原因で着火
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9284

*2018/08/04発生の、神奈川・祭りの屋台でカセットコンロ用ガスボンベが破裂、火災
:使用中のカセットコンロ近くに使用済みのカセットコンロ用ガスボンベを置いたため、加熱されて破裂し、ボンベ内に残留していたLPガスに着火
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9285

*2018/08/06発生の、北海道・製糖工場のポンプから塩酸が川に流出
:砂糖を精製する過程で使用している塩素が、タンクからポンプを使用して作業ラインに送る過程で何かの原因で漏洩して川に流出
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9286

*2018/08/06発生の、イタリア・高速道路で交通事故によりLPガスタンクローリが爆発
:高速道路での多重事故により、タンクローリの積荷のLPガスが爆発
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9287

*2018/08/07発生の、愛知・産業廃棄物集積所で廃棄物の自然発火
:産業廃棄物集積所内に野積みになっていた廃棄物が自然発火した可能性。廃プラスチックなど約4,000立方mが焼け、鎮火までに約66時間かかった
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9288

*2018/08/09発生の、北海道・製紙工場で破損したパイプから二酸化塩素が漏洩
:パイプの破損により、液体の二酸化塩素が漏洩し、気化して拡散した可能性。従業員1名が重症、13名が軽症となった
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9289

*2018/08/20発生の、ブラジル・製油所で爆発、火災
:保守作業を終えたばかりの接触分解システムのタンクが何かの原因で爆発
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9290

*2018/08/23発生の、茨城・砕石工場の火薬庫からトラックへの爆薬積込作業中に爆発
:火薬庫には硝安油剤爆薬と含水爆薬の2種類が保管されていた。また、同火薬庫は7月に法定の警察による立入検査をうけており、火薬の管理状況について特に指摘は受けていなかった
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9291

*2018/08/24発生の、岐阜・病院でMRIから冷却用ヘリウムが急激に放出
:MRIの故障により、機器冷却用液体ヘリウムが急激に気化して屋外に排出される際に破裂音が発生した可能性
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9292

台風21号による被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

台風は過ぎ去ったとはいえ、未だに停電、交通の乱れ、関西国際空港の被害など未解決のことが多くあり、心痛みます。そしてまた、強風により影響をうけた建物などの被害の修復、飛来物などの片づけなどもあると思われますので、作業の際はくれぐれもお気をつけ下さい。

被災地のみなさまに少しでも早く普段通りの生活が訪れますよう、心よりお祈り申し上げます。

(今回は8月の注目ニュースをお送りいたしました。次回からはまた週刊での掲載予定ですので、よろしくお願いいたします。)

 

さんぽニュース編集員 伊藤貴子