RISCAD Update 2018年9月第3-4週【週刊化学災害ニュース】

2018/09/14 12:00 - 2018/09/27 12:00時点までのニュースファイルをお送りいたします。

投稿日:2018年10月03日 10時00分

*2018/09/15発生の、東京・遊園地で戯施設改装工事中に一酸化炭素中毒
:遊園地の地下1階での発電機を使用した作業後に作業員7名が体調不良。一酸化炭素が発生して中毒となった可能性
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9307

*2018/09/16発生の、神奈川・もやし販売業者の貯水タンクが破裂
:同事業者が約15年前まで使用していた金属製のタンク内に溜まっていた井戸水が腐敗し、何かのガスが発生して同タンクが破裂した可能性
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9308

*2018/09/19発生の、和歌山・アクリル樹脂工場で爆発、火災
:アクリル樹脂原料のメタクリル酸メチルの小分け作業中、静電気対策の不具合で同薬品に静電気で着火した可能性
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9310

*2018/09/22発生の、石川・火力発電所のタービン建屋で火災
:タービン軸の異常振動が原因で生じた軸と軸受の隙間から潤滑油が飛散し、付近の高温部に接触して出火した可能性
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9312

*2018/09/25発生の、栃木・樹脂レンズ工場で薬品混合中に爆発、火災
:樹脂レンズ原料の複数の薬品を混合する作業中に、何かの原因で過剰な化学反応が起き、薬品の温度が低下せずに爆発した可能性
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9314

*2018/09/26発生の、愛知・製鉄所の薄板工場で火災
:圧延機という鉄板を伸ばす機械が焼けた
https://riscad.aist-riss.jp/acc/9315

先週の火曜日、イタリアのワイン工場でタンクから約3万Lのスパークリングワインが流出するという事故が起きました。

海外のニュースによると、原因はタンクの「爆発」とされていますが、過度の圧力と内容量の問題と記載してあるものもあり、もしかしたらタンクの「破裂」によるものかもしれません。

2018年のぶどうは質も収穫量も申し分なく、ワイン全般の生産量が増えたばかりか、あまりにも良質のブドウがたくさん実ったため、美味しいワインが作れるところ勿体無くも枝から切り落とされるものも多かったとか。(そうしたブドウは家畜の餌などとして売買されたりするそうです)

そんな好条件の年のこの事件ですが、生産者のことを考えるとなんとも悲しく、また呑兵衛の自分からするとなんとも勿体無く映ります。

 

さんぽニュース編集員 伊藤貴子