RISCAD Update 2020年8月第4週【週刊化学災害ニュース】

2020/08/21 12:00– 2020/08/28 12:00時点までのニュースファイルをお送りいたします。

投稿日:2020年09月02日 11時30分



*2020/08/25発生の、北海道・停泊中のクレーン船で整備中にバッテリが短絡して破裂

:クレーンのエンジン作動のためのバッテリの交換作業中の事故。予備バッテリからケーブルを外す際に、誤ってバッテリのプラス極とマイナス極の部品に同時に工具が触れ、短絡した可能性

*2020/08/25発生の、長野・高速道路で樹脂積載トラックの火災で樹脂が路面に付着

:トラックのタイヤから出火した可能性。車両が全焼し、積荷の樹脂製品が火災で融解して路面に付着した。樹脂の除去作業のため、高速道路の下り線が約11時間通行止めとなった

*2020/08/26発生の、新潟・交通事故で横転したトレーラから水酸化ナトリウム水溶液が漏洩

:横転したトレーラは、濃度32%の水酸化ナトリウム水溶液を約21t積載しており、うち約10tが路上に漏洩し、一部は海に流入した可能性がある

*2020/08/26発生の、愛知・金属加工工場で火災

:金属製ねじ加工工場での火災。工場内にあった油から出火した可能性。従業員1名が上半身のやけどと気道熱傷で病院に搬送された

*2020/08/26発生の、東京・ビル解体工事現場で一酸化炭素中毒

:作業中に作業員2名が倒れ、階段付近で別の1名が倒れた。残りの作業員5名も体調不良となり、計8名が病院に搬送されたが軽症。何かの原因で一酸化炭素が発生してビル内に滞留した可能性

*2020/08/27発生の、兵庫・樹脂加工工場で有機溶剤の火災

:樹脂製品を製造する際に使用する有機溶剤に、何かの原因で着火した可能性。有害ガス発生の可能性があったため、警察が近隣住民に避難を呼びかけた


9月に入りました。

6月に梅雨入りしてから7月末までまるっと雨続き。そして8月の声を聞いた途端、梅雨が明けたかと思えば、今度は猛暑酷暑の日々。身体が慣れるための時間をくれない容赦ない気候のうえ、新型コロナウイルス流行下で、暑いさなかにマスク着用と、何かと過酷な夏となった今年でした。

「でした」と過去形にはしたのは、9月に入り暑さが少し落ち着くのを願ってのことですが、例年残暑も長引いていますので、果たしてどうなるでしょうか。「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉も気候にそぐわなくなってきているようにも感じます。

9月は「長月」とも呼ばれます。夜が長いから、「夜長月」と呼ばれるようになり、それが省略されて「長月」となったという説が濃厚なようです。確かに、日が落ちるのは早くなり、夜が長くなったのを実感します。また、夜になってまで響いていた蝉の声が、いつの間にか秋の虫の声に変わりました。

あとは秋の夜長を享受できるよう、連日の熱帯夜が落ち着いてくれることを願います。
さんぽニュース編集員 伊藤貴子