RISCAD Update 2021年5月第5週-6月第1週【週刊化学災害ニュース】

2021/05/28 12:00– 2021/06/04 12:00時点までのニュースファイルをお送りいたします。

投稿日:2021年06月09日 10時00分



*2021/05/28発生の、熊本・きのこ栽培工場で火災

:工場敷地内の焼却炉から倉庫付近の廃棄物集積場に移動した灰の残火で樹脂製パレットに着火し、建物に延焼した可能性。倉庫と外壁の一部、計約1,400平方mと、付近にあった樹脂製板が焼けた

*2021/05/29発生の、兵庫・製鉄所で装置の点検中にエックス線被曝

:エックス線照射により鋼板のめっきの厚さを測定する装置の点検中のエックス線被曝事故。社員2名が腕の腫れや体調不良で病院に搬送されて入院。点検作業中、装置は停止していたが、装置から漏れたエックス線を浴びた可能性がある

*2021/05/31発生の、兵庫・高校のグラウンドで硫化水素による可能性がある体調不良

:グラウンドで持久走の授業を行った生徒の体調不良が発生。グラウンドから約200m離れた場所で液状化防止のための地盤改良工事中で、工事で掘削した地面に溜まったヘドロを含む液体から、人体に影響がない濃度の硫化水素が検出されたことから、生徒が硫化水素の臭いをかぐなどして体調不良が起きた可能性

*2021/05/31発生の、大阪・樹脂加工工場でアクリル樹脂板研磨中に研磨機から火災

:アクリル樹脂板の研磨作業中に研磨機から出火した可能性。従業員1名が死亡

*2021/06/01発生の、静岡・停止中の原子力発電所の非常用発電機ドレンタンクから軽油が漏洩

:非常用ディーゼル発電機の燃料油ドレンタンクから軽油約36Lが漏洩。通常、ポンプで燃料油タンクに戻されるはずの発電機の余分な軽油が、ポンプの停止によりドレンタンクから溢れた可能性

*2021/06/02発生の、北海道・コンテナ内で電動カッタでの切断作業中に火災

:作業場として使用していたコンテナ内での切断作業中に、電動カッタから出た火花でコンテナの木製の床に着火した可能性


先週、以下のスプレー缶、ガスボンベ関連の火災が起きました。
2021/6/3 愛知・住宅の庭でスプレー缶の内容物処理中に火災
木造2階建ての住宅の庭でスプレー缶の内容物処理中に火災が起きた。消防が消火したが、同住宅が全焼し、庭に駐車中の車両が焼けた。けが人はなかった。警察と消防の調べでは、同住宅の住人が、庭で蚊取線香を焚きながらスプレー缶入り殺虫剤などの処理をしており、蚊取線香の火で同スプレー缶の内容物や噴射剤の可燃性ガスなどに着火した可能性がある。
2021/6/5 北海道・住宅のテラスでガストーチバーナのガスボンベが破裂して火災
住宅のテラスでカセットボンベ式ガストーチバーナのガスボンベが破裂して火災が起きた。消防が消火したが、同テラスに設置していた日よけ用のタープが焼けた。同住宅の住人1名が顔にやけどで軽傷を負った。警察と消防の調べでは、同住人はバーベキューの準備のため、カセットボンベ式ガスバーナを使用して炭火を起こした後、タープから約1m離れた場所にあった未使用の炭入りの段ボール箱に同ガスバーナを格納した。その後、同住人が同ダンボール箱からの出火に気づき、消火のため箱に近づいたところ、火炎で加熱されたガストーチバーナのカセットボンベが破裂した可能性がある。
いずれも住宅で起きた事故、かつ、スプレー缶やカセットボンベといった、私たちの身近なところにあるものに起因した事故です。

スプレー缶やカセットコンロ用ガスボンベなどに関する事故については、過去の「さんぽのひろば」の「RISCAD CloseUP」のコーナーなどで度々注意喚起してきました。その記事をもう一度読み直し、同様の事故の防止に努めましょう。

 

【参考情報】

さんぽニュース編集員 伊藤貴子